アイロンビーズで色々なものを仕立てるのにハマってある。

最近、アイロンビーズにハマっていらっしゃる。
アイロンビーズは、ちっちゃなプラスティック製のビーズで好きな挿絵を作り、最後にアイロンをかけてビーズ友人を熱でくっつけて完成させるものです。
ちっちゃな乳児も遊べるクラフトトイなので、手駒が不器用な俺にも簡単に作れます。
いまだに始めたばかりなので全然複雑なものは作れないのですが、好きな品格などを作って楽しんでいます。
中でも、丸っこいビーズを組み合わせてイラストレーションを考えるという気質上記、昔のファミコン・スーパーファミコンなどに登場する戦い品格を作ると、さっぱりドットイラストレーションのようにできるので非常に相性が良いだ。色々な懐かし戦いの品格を長時間作りました。
出来上がったものは単に客間に飾ったり、金具を取り付けてキーホルダーなどとして利用することも出来ます。
まず創り始めるとまったく夢中になってしまい、日数を忘れて没頭してしまうこともしばしばです。
インターネットでアイロンビーズ用のパタン(下絵)を公開しているお客もいるので、それを利用させてもらえば、自分ではこうしたイラストレーションは辛くて作れない…という感じも簡単に焼き上げるので実に明るいだ。
創りすぎてビーズが一気になくなってしまうので、また買いに行かなければとしていらっしゃる。http://xn--2ckops2gqb8735b9yze.com/

納豆大好き!

私の好きな食べ物は納豆です。理由は「美味しいから」の一言に尽きます。ひきわりも小粒のものも何でも好きで毎日食べています。

食べ方についてですが、オーソドックスにご飯にかけるも良し、パスタやうどんと混ぜても良いです。卵焼きに入れると美味しくて食べやすいです。栄養も豊富だし私にとってはなくてはならない存在なのです。

ただ我が家は夫が超納豆嫌いなので一緒にいる時は食べれないのがツライところです。まあ確かに独特の強烈な匂いがあって、苦手な人も多いみたいだし仕方ないのかな。

それでも私はこの先も納豆を食べ続けますけどね!
アリシアクリニック船橋

久々に触ったピアノに些か苦戦しつつもおもしろい思いになれた

先日久しぶりにピアノに触れてみました。少し前までは楽器の熱演を道楽としてあり様々な楽器に手を出していたものですが、最近は多々瞬間が取れずに触れることができていませんでした。
こんななか久々に瞬間ができたので、リラックスがてらピアノに向かうことにしたのです。ただしちょっと弾いていなかったため指がいまひとつ動きません。やっぱPCのキーボードは理不尽が違うね。暫し指慣らしをしていると少しだけ理解を取り返すことができました。
何か弾いてみようかなと思い、何となく指を動かしてみると前とことん弾いていた曲を奏でることができました。年中弾いた曲ですし、好きな曲だったので面白く練習していたことからいまでもボディに染み付いているようです。楽譜がなくてもきっと完璧に弾き着ることができ、依然見込めるじゃないかと喜ばしくなってしまいました。
空きによって新しく曲を覚えるのはまだまだ少々難しそうですが、ピアノは五感を磨けたり両手で違うことをするので心中の体操になったりと大人になっても楽しめる代物なので、近々また道楽としていっていけたらいいなとしています。車買取で高く売る方法

吉野家の長引く、売り上げ不振について。

吉野家は、とりわけ若い方達が良く利用する牛丼屋として、親しまれていましたが、近年ずっと売り上げの不振が続いています。気軽に入れる安さが

まさに売りだったと思うのですが、2014年12月に、看板商品の牛丼を300円から380円に、値上げしてから客足が徐々に減ってきています。

安さが売りだっただけに、そうなる結果はある程度、客側目線から見ても明らかだったと思います。そして大きな話題ともなったのが、豚丼の約4年ぶりの

販売再開と、予想以上の大ヒットでした。価格を330円に設定し、始めはキャンペーンで300円で提供しました。消費者からすると、やっと良い意味での

安い「吉野家」が復活したと感じたと思います。更に売り上げアップの為、チョイ呑みが出来る店舗作りを全店に拡大しています。私の目では、売り上げアップ

には、これをもっと早くして良かったのでは、と思います。客単価のアップも期待しやすいですから、増益につながると思います。若い時から親しんできた

吉野家が、もっと元気になるよう1人のファンとして、今も見守っています。

ミュゼの予約はこちら

久しぶりに古都鎌倉のふらふらピクニック旅行をめぐって楽しかった

今話題の古都鎌倉へ行ってきました。
中途、車種で向かったのですがここで広く算段が狂う羽目に。
まさかの道が大渋滞。往き2タームぐらいの針路が3ターム以来もかかってしまい、地下鉄で来ればよかったー!と後悔したぐらいです。
やっと渋滞を抜けて、やっと鎌倉近くになり道行く奴がとっても増えてきて、鎌倉が行きやすい名勝というのも納得できます。
今、当人としていくのは建長寺。ターミナルからもくらいて訪問が便利な結果、昔に比べて思いの外奴が行き来していました。
さて、建長寺に何があるのかというと、長いステップがあります。
200段以来あるとネットで見たようなキャリアがあったが、わざと思い出さないように会談をのぼっていきました。
建長寺に何があるのか。本当は旬に天狗の像がたくさん並んでいて、確かめるものを圧巻させます。
途中で拝礼だけして舞い戻る奴もいますが、景色の高台にのぼってこそ建長寺だ。
旬には天狗の像も長所なのですが、景色もずば抜けていいのです。
遠くには相模湾、そうして日和が凄まじくいいと富士山まで見ることができます。
正しく絶景だ。じっと撮影におさめて大ハピネス。
天狗の像を被写体に入れて、本当に良い撮影がとれました。
中途、渋滞に巻き込まれましたが、とても諳記に残る鎌倉がトラベルができて、喜びのほうが勝る周遊となりました。http://www.xn--u9jt06gywf5xkqyxtpcj82afst.com/

少年野球をやらせようかどうしようか

うちの長男。まだまだ小さいので習い事もやっていないけれど、私が大学まで野球をやっていたから、息子にやらせてあげたいなぁ、とはなんとなく思っています。

でも、親の夢を子どもに背負わせるのは、子どもにとって一番の不幸である、みたいなことを聞いたことがあるし、どうしようかなぁと考え中です。

庭が広いので、簡単な練習施設は作れそうだけれども、妻がなんというか…。

この前の日曜日に地元のお少年野球チームの練習を少し見学した。(通りかかっただけ)

指導者たちは保護者であったり、地域の人であったり、とにかくボランティアなんだよね、きっと。

せっかくの休日に指導していくれているのだから頭が上がらないでしょうね、あずけている保護者は。

でもでもでも。その指導者たちが子どもに浴びせている言葉があまりにもひどい!

人格を否定するまではいきませんが、まるで子どもの自主性を考えていないぁ、と感じました。野球が楽しい。これが根底にないとやはりいけないのではないかなぁ。

それがあって初めて技術向上やもろもろにつながってくるのではないでしょうかねぇ。

ミシンに苦戦する娘がかわいい!!

小6の娘がいます。昨年度、家庭科が始まったらしく、調理実習や裁縫の授業を行ったそうです。家でボビンの練習をしてくるように宿題を出された娘ですが、やり方をすっかり忘れてしまったらしく、妻とあーでもないこーでもない言いながら練習しています。より目になったり、針を上下させている様子を見ると、大きくなったけどまだまだ子供らしい姿があって、あぁ、かわいいなぁと素直に感じてしまいました。

ところで、こんなとき困るのが、「先生と言っていることが違う」という娘のセリフ。先生は教科書にかいてあることを丁寧に教えないといけないから、まぁ回りくどいことや面倒なことも教えないといけないのだろうけど、家庭ではそうもいかない。効率の良い方法を生活の中に取り入れていかないと。

我が家では、先生のいうことを優先している。家庭で学校の先生を批判すれば、子供もそういう思考になり反抗的な態度をとるかもしれないし、何よりいろいろ準備している先生に申し訳ないから。たくさんのことを、多くの人から学んでくれ、娘よ。

子供を伴ってでかける外遊について

渡航先での保障および安全を担保する為、家族旅行に向けたてごろなツアープランを扱う旅行企画会社が多くあります。特に子供連れの場合ですと、旅行先で巻き込まれる事故は避けていきたいですし、充実したサポートもあれば随分安心できます。連れていく子供の歳が低いシチュエーションでは、余りに長いフライトはおすすめしません。なお、標準時差が出来るだけ小さい土地をチョイスするとよいでしょう。また、行った先でどう過ごすかはもちろん気がかりでしょうが、到着までの過程についても快適になる計画を作りましょう。家に着くまでは旅の途中と言えます。小さな子どもを連れているケースでは周囲への遠慮でストレスがたまり大変でしょうが、せっかくですからなるたけのんびりした状態で楽しみませんか?国外へのツアーへ発つ際は、飛行機に乗っている間どう過ごすかも工夫すると良いでしょう。皮膚常在菌

家族の介護

家族の介護が原因の心的負担低減のノウハウ

親族の看護と介助から生じる複雑な課題の一つに、介護を行う方が被る過度の気疲れがあります。中でも家でののケースでは拘束時間が長くなるため、自分自身の為の時間を割けないのが精神疲労が蓄積する主な原因です。看護・介助関連のウェブログ・コミュニティー上で、看護・介助経験がある人にコンタクトすることも効果的です。見ず知らずの方であっても、同種の困りごとがあることから有用な相談もできますし、そういったコミュニティーで繋がりを持つ事はとても大切です。暇のないケア生活は心身共に厳しく、苦渋が絶えない方が多くいるのではないでしょうか。ですが、同じような仲間は世間にたくさんいます。限界になる前に心の内を言えるところを見つけましょう。
車買い取り栃木

なりたかった職業は通訳~中学生の頃弁論大会で発表した「将来の夢」

中学生の頃、私は「将来の夢」というタイトルで弁論大会で発表する機会がありました。その頃なりたかった職業は通訳でした。理由はとても単純で、英語が得意教科で、面白かったからです。今でこそ英語を話せることがそんなに珍しいことではなくなっていますが、当時はまわりの大人がかなり応援してくれて、その後英語専門科の高校に進学しました。

そこから英語をもっと極めることができれば、今頃世界を飛び回る通訳になっていたのかもしれません。しかし、高校の英語のレベルは想像以上に高く、英語に対する興味が薄れていきました。専門科だったために英語の授業数も多く、ネイティブの先生も数人いて、気が付くと英語漬けの毎日になっていました。

英語の文法の学習は嫌いではなかったのですが、致命的なことに、ネイティブの先生と英語で会話するのがとにかく不得意で、緊張して単語も何も全く喋れない自分に気が付きました。外人さんと話をするのが苦手な通訳・・・使い物になりませんよね。

でも英文を読むのは好きだったので翻訳家を目指そうと思ったこともありました。しかし進学高のカリキュラムに流された結果、英語が嫌いな教科になってしまっていました。

高校の時にもう少しがんばって英語を好きでいられたら、人生は変わっていたと思います。

年月は経ち、現在は結婚して子供にも恵まれ、わが子たちが英語で苦戦しているのをみると、いろいろ複雑な感情が沸いてきます。

ただ、通訳を志していただけあって、子供に英語を教えることができるのです。なので私の人生目標とその挫折は決して無駄ではなかったのかな、と小さな幸せを感じています。

今からもし何かできるとすれば、小さな英語塾をひらいて子供たちに英語を楽しく教えられたらいいな、と思っています。そんなことを思っていたら、私のなりたかった自分は「英語を教える先生」だったのかな、と思います。そして私にはまだ可能性が残っているのです。